平塚盲学校 on the web

 

図書館だより

4月号   5月号   6月号   7月号   9月号

10月号   11月号  12月号  1月号   2月号  3月号

図 書 館 だ よ り ―9月号―

 

夏休みはいかがでしたか?楽しい体験や充実した時間を持てたでしょうか? みなさんのお話を聞くのが楽しみです! このおたよりの最後に、夏休み中に聞いた体験談をひとつ載せました。読んでみてください!

 

こんな本がはいっています。

リクエストされた本がいろいろ入りました。

点字の本 

1.『もりのへなそうる』 渡辺 茂男  5歳のてつたくんと3歳のみつやくんが、お弁当を持って探検にでかけると、もりにでっかいたまごがありました。次の日、二人はへなそうるに出会います。 

2.『崖の上のポニョ』 宮崎 駿 

3.『伝記ヘレン・ケラー』全3巻 村岡 花子 

4.『世界のおまつり 世界の子どもたち』全2巻 アナベル・キンダスリー  世界には特別な行事がいろいろあります。世界各地の代表的な宗教や地域のお祝いごとについて、子どもたち自身の声を交えていきいきと伝えています。

5.『京都さんぽ 』全3巻 ガイドブックです。付録の布製触地図「京都おでかけマップ」は、図書館本棚の側面に貼ってあります。

6.『アミ・ドゥ・ブライユVol.12』 日本ライトハウス情報文化センター 目次より 電子マネーってなんだ、はがきの郵便料金52円から62円に値上げ、藤井四段最多29連勝、リカちゃん50周年、ぼくたちの町にも戦争があった、2017年上半期ジャンル別ヒットランキング、弔う心、脳トレクイズなど、もりだくさんの内容です。

 

さわる本 藤沢市点訳奉仕会 指で読む絵本グループより寄贈

 『スキルブック』 おとこのこ用とおんなのこ用の2冊。

墨字の本 

1.『しょうぼうしのサルサさん』 中川 ひろたか

2.『ぼくひこうきにのったんだ』 わたなべ しげお

3.『空をとぶ飛行機 世界の旅客機・はたらく飛行機大集合!!

4.『2018 第16回〜第25回 徹底攻略 国家試験過去問題集』 はり・きゅう師用、あん摩マッサージ指圧師用の2冊

5.『運動解剖学的 触診技術』上肢、下肢・体幹の2冊。青木 隆明 監修

6.『鍼灸マッサージに於ける医療過誤 現場からの報告』 藤原 義文 

7.『盲児に対する点字読み指導法の研究』 牟田口 辰己

8.『教員をめざすあなたへ』 全国特別支援学校長会 編 

9.『みんなの日本語 中級T・U』 スリーエーネットワーク 編 平塚点訳赤十字奉仕団寄贈。点字データもあります。

10.『シリーズ 福祉に生きる』全20巻、『盲人たちの自叙伝』全60巻 大空社から寄贈されました。

 

デイジー  

『なぞなぞえほん 1のまき 2のまき 3のまき』 中川 李枝子  

 

図書館ひとこま  S先生のチャレンジ

夏休みの図書館開館日に、S先生がやって来てうれしい報告をしてくれました。S先生は、8月8日に行われた日本盲人演劇協会主催「第7回全国盲人演劇祭」の点字文朗読コンクール部門に参加して、銀賞をいただいたのです!

その時のことを詳しく伺いました。会場の埼玉県深谷市のひとみ園演劇ホールに着くと、なんとS先生の出番は一番目で、すぐ舞台裏へ案内されたそうです。緊張したけれど、すきな絵本の『100万回生きたねこ』を、子どもによみきかせしている感じで、いろいろなねこを演じるように楽しく読んだそうです。ラストは、泣かないように読むのが大変だったけど、なんとかこらえて。夕方の表彰式では、学生の時以来久しぶりに手にした賞状が嬉しかったそうです。来年はみなさんもチャレンジしてみてはいかがですか?この日、絵本に合わせてねこのネックレスをしていかれたそうです。S先生らしくてよいなあと思いました。

『100万回生きたねこ』は、佐野洋子作の長く読み継がれている絵本です。図書館にも点字本と墨字本がありますので、ぜひ読んでみてください。

 

9月号おわり

-----------------------------------------------------------------------------

図 書 館 だ よ り ―7月号―

 

もうすぐ夏休み。お休み中に読む本を探しに来てくださいね!

夏休み長期貸し出し  7月6日(木)から9月6日(水)まで。

夏休み中の図書館開館日

★午前中だけ開館する日(9:00から12:00)

  7月24日(月)8月21日(月)28日(月)9月1日(金)

★一日開館する日(9:00から16:30)

7月25日(火)26日(水)28日(金)

  8月2日(水)3日(木)14日(月)24日(木)25日(金)

29日(火)30日(水)

それ以外の日に来館される場合は、事前にお問い合わせください。

図書館直通電話:0463−31−7966

 

こんな本がはいっています。

点字の本 夏休みのおともにどうぞ! (1・2は課題図書です)

1.『チキン!』全2巻  いとう みく  トラブルをできるだけ避けてきたぼく。転校生の真中さんは言いたいことをはっきり言うタイプで、クラスで浮いてしまっている。そんな真中さんに振り回されるぼくだったが…。

2.『耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ』 ナンシー・チャーニン  ストライクなどの審判のジェスチャーやチーム内のサインを考案した、聴覚障がいをもつメジャーリーガー、ウィリアム・ホイの伝記。  

3.『サリバン先生とヘレン』 デポラ・ホプキンソン  ヘレン・ケラーがサリバン先生と出会い、手紙が書けるようになるまでの4か月間を描いています。サリバン先生が親友にあてて書いた手紙がもとになっています。

4.『アミ・ドゥ・ブライユ Vol.11』 目次より…世界の野生動物 アナウサギ、スペシャルインタビュー 伊藤 ふたば選手(クライマー)、みんなはまる!レゴの世界、ディズニー映画「美女と野獣」、ミラクルクッキング、働く先輩 吉田沙矢香さん(図書館員)など。   

点/墨の本

1.『手で見る地震と津波』 岩崎 清 地震と津波の発生の仕組みを、触図を用いて解説。音声CD付き。

2.お料理の本4冊。大きいサイズです。『和・洋・中華のお菓子作り基本レシピ』『岸 朝子の旬の食材で簡単料理』『健康な食生活のための献立レシピ集』  

 

デイジー  

1.『おいでフレック、ぼくのところに』 エヴァ・イボットソン 個性的な5匹の犬と子どもたちが、ほんとうの居場所をさがす旅に出る。  

2.『わたしの心のなか』 シャロン・M・ドレイパー 平塚音訳赤十字奉仕団に作ってもらいました。生まれてからずっと、言葉を話したことがないメロディ。でも彼女には秘められた能力があった…。

3.『負けないパティシエガール』 ジョーン・バウアー  パティシエガールを目指すフォスターの作るカップケーキは誰をも幸せにする。困難にぶつかっても毎日カップケーキを焼くフォスターのサクセスストーリー。

4.『臨床経穴ポケットガイド361穴』 篠原 昭二

 

マルチメディアデイジー 伊藤忠記念財団より寄贈されました。

『あいうえおのえほん ほか』『大きな運転席図鑑ぷらす ほか』『キャシーのぼうし ほか』『小倉百人一首 ほか』

 

図書館ひとこま  先生方が手作りしたものの話。第2話。

Tくんが学校にいるときに、バギーに付けるカットアウトテーブルについてです。Tくんのおなかのサイズに合わせてカットしたダンボールとスポンジを重ねて、動物柄の布でカバーしてあります。プールで使うビートバンを横に伸ばしたような形。カバーは、取り外して洗えるようになっていて、細部までていねいな作りです!ほとんど学校にあるものを使って、先生が作りました。

このテーブルがあることで、Tくんはテーブルに腕をのせることができるので、自分の腕の重さから解放され、姿勢が安定し、またテーブルの大きさの分、安心できる空間を感じられるだろうということです。Tくんが快適に過ごせるように考えられているのですね。同じもの、同じことを見ていても見る人によって、いろいろな見え方、気づき方、アイディアがあるものだなと思いました。

 

7月号おわり

----------------------------------------------------------------------------

図 書 館 だ よ り ―6月号―

 

試験が終わって、ほっと一息。疲れたときは、本からも栄養をとりましょう。

読んでみたい本、デイジーなどありましたら、希望をお寄せください。

(図書部員が「購入希望図書」を受付中です。)リクエストをお待ちしています!

こんな本がはいっています。

点字の本 

1.『とびばこのひるやすみ』 村上 しいこ とびばこのれんしゅうをしていたら、とびばこに手と足がはえてきた!しかも「学校をとびだしたい」と言い出して…。関西弁でくりひろげられるおかしい話。

2.『でっかくなりたいもん』 小納 弘

3.『一年生、女と男のやくそくよ!』 鈴木 喜代春 一年生のめぐみが大好きなお父さんとしたやくそくって何でしょうか…。

4.『4つの素材でこんなにできちゃう!村上祥子のお料理手品』全2巻   

5.『18歳からの選挙Q&A』全4巻  全国民主主義教育研究会 編 デイジーもあります。

6.『アンドロイド』全5巻 エドマンド・クーパー  リクエスト本です。平塚点訳赤十字奉仕団に点訳をお願いしました。 マーカスが150年の冷凍状態から目覚めたとき彼が見たのは、妻そっくりのアンドロイド、マリオンAだった。

 

点/墨の本

1.『はなのずかん はるのはな』『パンダくんパンダくんなにみてるの?』  藤沢市点訳奉仕会 指で読む絵本グループ製作

2.『第85回 2016年度 全国盲学校弁論大会 全国大会弁論集』

3.『やまのリコーダー』 武鹿 悦子 リコーダーがうまく吹けなくて落ち込んでいる男の子と子ぎつねの話。

4.『生きていてよかった(抜粋版)』 相田 みつを デイジー付き。

大阪YWCA点字図書室から借りています

1.『夏のジオラマ』全2巻

2.『絵とき ゾウの時間とネズミの時間』

3.『オチケン!』全4巻 「寿限無」や「時そば」などの落語が謎解きの鍵となるミステリー小説。廃部寸前の落語研究会の部員が活躍します。

4.『もし大作曲家と友だちになれたら…』全3巻

5.『13歳のシーズン』全2巻

6.『とかげにリップクリーム?』

7.『計算のひみつ―考え方の練習帳』全2巻

8.『ジジのエジプト旅行』

 

墨字の本 絵本が寄贈されました。

1.『いそがしいよる』 さとう わきこ 

2.『いもうとのにゅういん』 筒井 頼子  林 明子 

3.『ダンプえんちょう やっつけた』 古田 足日  田畑 精一

4.『あなたのおへそ』 かこ さとし 

 

デイジー  

『10分で読める伝記 3年生』 

 

図書館ひとこま  

 最近「うわぁ すごい!これ手作り!?」とびっくりしたことがありました。

中学部のSくんが授業でお弁当屋さんになり、図書館に注文をとりに来てくれたのですが、一週間後に届いたのは…立派なおにぎり、ふっくらしたしゅうまい、青々としたアスパラ、おいしそうなだしまきたまご、真っ赤ないちごがつまったお弁当でした。フェルトをていねいに縫い合わせて作られていて、思わずつまんで口に…入れてしまう生徒さんがいたというのも頷けます。だっておいしそうなんだもの! 作ったのは授業担当の先生です。そしてSくんがメニューの紙に描いたおにぎりも、とってもおいしそうでした。Sくんがおにぎりをにぎったら、こういうふうになるのかな?という味わい深い形でした。ごちそうさまでした!

 (手作りの話、次回もつづきます。)

 

6月号おわり

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

図 書 館 だ よ り ―5月号―

 

新年度が始まって、数週間が過ぎました。みなさん調子はいかがですか?

そろそろ一息つきたい頃、ちょうど連休もありますし、ゆっくり休んだり、遊んだりしてリフレッシュしたいものですね。

 

こんな本がはいっています。

点字の本 1〜4は、点訳の会UZUからの寄贈です。

1.『そらいろのたね』 中川 李枝子

2.『こぐまちゃんのぼーる/こぐまちゃんのみずあそび』 若山 憲

3.『マーシャと白い鳥』 ブラートフ

4.『おばあちゃんとバスにのって』 マット・デ・ラ・ペーニャ

5.『アミ・ドゥ・ブライユ Vol.10』 日本ライトハウス情報文化センター

  内容:南極大陸はどんなとこ?昭和基地60周年、地球に似た7つの惑星 生命育む可能性、お友達と作る放課後レシピ フルーツサンド&バナナホットチョコ、さかなクンのギョギョッと人生、補助犬って何ですか?、先生のお仕事研究、ドラえもん名言集など。楽しいよみものがたくさん詰まっています。「補助犬って何ですか?」では、盲導犬、聴導犬、介助犬のことがよくわかります。

6.『金田一先生と日本語を学ぼう3 ことわざと慣用句』 金田一 秀穂

7.『関節運動学的アプローチー博田法 第2版』全8巻 博田 節夫

 

点/墨の本

『一緒に楽しく使える共用品』 桜雲会 発行  調理器具や時計、東京ディズニーリゾートのサービス、手で見る学習絵本『テルミ』、ノート、映像作品のバリアフリー機能など、誰もが使いやすいものや機能を紹介しています。

 

タックペーパー付き絵本 大阪の「ふれあい文庫」から学期に50冊借りています。点字が書かれた透明なシートがはってあります。

『もも』『のびるじどうしゃ』『なけないちっちゃいかえる』『わたしのおうち』『ジャックとまめのき』『ゆうれいのたまご』など

 

墨字の本 全て寄贈本です。

1.『ランチのアッコちゃん』 柚木 麻子

2.『ある小さなスズメの記録』 クレア・キップス 

3.『下町ロケット』 池井戸 潤

4.『山女日記』 湊 かなえ

5.『旅のラゴス』 筒井 康隆

6.『ラオスにいったい何があるというんですか?』 村上 春樹

7.『流』 東山 彰良 

 

拡大図書

 『ルイ・ブライユ』 全2巻 迎 夏生 伊勢原市拡大写本赤十字奉仕団より寄贈されました。

 

デイジー  平塚音訳赤十字奉仕団から寄贈されました。

『七回死んだ男』 西澤 保彦   

 

図書館ひとこま  香りやにおいのこと

 図書館で仕事をしていると、毎年楽しみな時期があります。

4月末から5月の時期は、ツツジのいい香りが南側の窓から入ってきます。

9月半ばくらいからしばらくは、金木犀の香りが北側の窓から入ってきます。

冬の寒い日は、灯油ストーブのにおい。

他にも、図書館の入口のところだけいい香りがすることも…。ラベンダーやミント、樹木の香りも時々します。みなさんもお昼休みなどにぜひ寄ってみてください。

 

5月号おわり

----------------------------------------------------------------------------

図 書 館 だ よ り ―4月号―

 

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。初めは覚えることなどが多くて大変だと思いますが、ゆっくり慣れていってくださいね。図書館は教室からは少し遠く感じるかもしれませんが、座り心地の良いソファーを用意してお待ちしています。ぜひ、いらしてください。在校生の皆さん、今年度もよろしくお願いします!!

 

こんな本がはいっています。

点字の本 

1.『全国盲学生短歌コンクール入選作品集 第60回』本校小学部と中学部3名の作品が載っています。墨字もあります。特選に選ばれた中学部Fくんは「点字毎日」の取材を受けたそうです。  

2.『まねっこおやこ』 マッティ・ピックヤムサ  点訳きつつきさんから寄贈されたさわる絵本です。フィンランドの絵本にフェルトや毛糸、点字を付けてあります。いろいろな動物の親子がまねっこしています。ライオンの親子のおかあさんが「ガオー」、おとうさんも「ガオー」、あかちゃんが「キャオー」、そしてみんなで「ガオー」!  

 

墨字の本 

1.『夜のピクニック』 恩田 陸 

2.『みるということ』 ダイアログ・イン・ザ・ダーク 

3.『いちねんせい』 谷川 俊太郎 

4.『ともだち』 谷川 俊太郎 

 

デイジー  

1.『面白くて眠れなくなる人体』 坂井 建雄   

2.『解剖学はおもしろい』 上野 正彦 

3.『医療職をめざす人の解剖学はじめの一歩』 坂井 建雄

4.『香りの力』 熊井 明子

5.『見えない私の生活術』 新納 季温子

6.『すてきなあなたに1』 大橋 鎮子 編

7.『詩のこころを読む』 茨木 のり子

8.『ブラインド探偵(アイ)』 米田 京

 

図書館ひとこま 年度始めですので、図書館の使い方を改めて紹介します。

@  開館日…平日8:30〜16:30

A  閉館日…土・日・祝日、体育祭などの学校行事のある日

※春休みや夏休みなどの長期休暇中の開館日は別途お知らせします。

B  貸出冊数…原則4冊 ※もっと読める!という方は何冊でもどうぞ。

C  貸出期間…原則2週間 予約が入らない限りは延長可能です。

D   貸出方法…閲覧室カウンターにて、司書または図書部員が貸出手続きをします。

E  返却方法…閲覧室入口右側にある、返却用の箱に本を入れておいてください。カウンターでの手続きは不要です。

F  その他…便利な利用方法として、本の予約・リクエスト・他館貸借があります。詳しくはカウンターにて説明しますので、お気軽におたずねください。

※図書館にある資料は、点字の本、デイジー、拡大図書、絵本などの他に、新聞や雑誌もあります。ぜひご利用ください。

 

2016年度は…こんな利用がありました 生徒篇

新入生のみなさんも、こんな時は図書館を思い出してください。

司書が蔵書から探し出したり、他館から取り寄せたりしてできるかぎりお応えします。小さい方から大人の方まで、ご利用お待ちしています!

 ★地震や地殻のことが出ている本ありますか?

 ★何か読みたいので、おすすめの本(デイジー)をいくつか選んでほしい。

 ★国語で住んでいるところのことを調べています。何か資料ありますか?

 ★折り紙の本ありますか?

 ★セミの本を読みたい。

 ★経穴辞典みたいなデイジーありますか?

 ★勉強のために(図書館の本の)この部分を拡大コピーしてほしい。

 

4月号おわり

 

----------------------------------------------------------------------------

図 書 館 だ よ り ―3月号―

 

図書館棟横の木蓮のつぼみがふくらんで、卒業式の頃には満開になりそうです。春に向けていろいろな準備を始めたいですね。

こんな本がはいっています。

点字の本 

『アミ・ドゥ・ブライユ Vol.9』 日本ライトハウス情報文化センター

内容…大型動物カバとトラ、縄文のおいしい生活、2016ヒットランキング、

大丈夫?イヤホン・ヘッドホン難聴、井伊直虎、生誕150年夏目漱石を知り

たい、働く先輩(リオデジャネイロパラリンピックで活躍した競泳選手の木村

敬一さん)など。 

 

大阪YWCA点字子ども図書室から借りています。

楽しいお話がいろいろありますよ。

『ホットケーキできあがり!』エリック・カール、『読書マラソン、チャンピオンはだれ?』ミルズ、『行ってきまぁす!』升井 純子、『おいでフレック、ぼくのところに』イボットソン、『頭のうちどころが悪かった熊の話』安東 みきえ、『ゆうれいフェルピンの話』リンドグレーン、『ケンケンとムンムン』なんぶ かずや、『ええじゃないか 17歳のチャレンジ』宗田 理、『オムレツ屋へようこそ!』西村 友里、『にんきものをめざせ!』森 絵都 

 

墨字の本 

1.『眼の絵本』 河合 憲司  眼科医が書いた目の病気に関する本。

2.『わたしの心のなか』 シャロン・M・ドレイバー 

3.『みんなこうなるの?』 アンチェ・ヘルムス

 

デイジー  

1.『心をそだてるはじめての伝記101人』 墨字もあります。  

2.『算法少女』 遠藤 寛子  江戸時代、和算が庶民の間にいかに広まっていたか、学ぶことがいかに歓びであったかを、いきいきと描いた名作。 

3.『80日間世界一周』 ジュール・ヴェルヌ  1872年のロンドン。謎の金持ちフォッグ氏は、仲間と2万ポンドの賭けをし、80日間で世界を一周することになる。インドから中国、日本から海を越えてアメリカへ―。手に汗握る旅がはじまる。

4.早川清文学振興財団から10作品が寄贈されました。『ポアロとグリーンショアの阿房宮』アガサ・クリスティー、『書店主フィクリーのものがたり』ガブリエル・ゼヴィン、『忘れられた巨人』カズオ・イシグロ ほか。

 

図書館ひとこま  今年度を振り返って…

★2016年度 受入冊数(2月20日現在) 339冊(うち購入60冊)

★2016年度 貸出冊数(2月20日現在) 1519冊

 貸出が多かったクラスは 小6、専理1、中2、専理2でした。

★サピエの利用

 データダウンロード 点字18件  デイジー24件

 オンラインリクエスト 点字26件  デイジー32件

★プライベートサービス受付 

 点訳(テキスト、点字印刷など)19件、拡大4件

 音訳(デイジー)8件

 ★9月以降に寄せられた印象に残っている質問(調べもの)

  1.おすすめのデイジー教えて(保専部の生徒さん数名から)

  2.〜(体の症状)に効く経穴を知りたい

  3.楽譜の記号の意味が出ている点字の本ありますか

  4.日本語の品詞・活用についてと理科の公式・練習問題がほしい

  5.プレクストークで「フレーズ切り取り」をしたい。どうすればよい?

 みなさんの質問によって、必要なものがわかり、資料が充実していきます。

 しらべものやリクエストは、お気軽にどうぞ!

 

春休み特別貸出 3月10日(金)から4月6日(木)まで借りられます。春休みのおともにご利用ください。

 

3月号おわり

------------------------------------------------------------------------------

図 書 館 だ よ り ―2月号―

 

一年の中で、今が一番寒い時期です。図書館棟で誰かに会うと「寒いですねー!」が合言葉のようになっています。点字の本を読むのも手がかじかむと読みにくいそうです。指先をあたためて読書してくださいね。

こんな本がはいっています。

点字の本 1〜3は日本ライトハウスより寄贈されました。英訳本です。英語の新表記法UEB(統一英語点字)で製作されています。見開きの左ページに略字を用いた点字、右ページに略字を用いない点字を掲載し、対照できるようにしてあります。

1.『Gon,the Fox(ごんぎつね)』 新美 南吉  

2.『The Canterville Ghost(カンタビルの幽霊)』  全2巻  オスカー・ワイルド 

3.『The Double Life of a Very Black  Cat(二つの名前を持ったネコ)』全3巻  アラン・ポズナー 

4.『V.T.R』全2巻   辻村 深月 リクエスト本です。平塚点訳赤十字奉仕団制作。 

 

点/墨の本 

1.『はなのずかん なつのはな』 さわってよむ本。あさがお、とけいそう、  ナデシコ、ひまわり、ラベンダーなど12の花をさわってみよう。原産地、大きさ、特徴もわかります。藤沢市点訳奉仕会 指で読む絵本グループからの寄贈です。

2.『馬の耳に念仏』 はた こうしろう  リクエストの本です。平塚点訳赤十字奉仕団に依頼して点字をタックペーパーでつけてもらいました。おばけマンションにらーめんの出前に行くことになった兄弟が、ことわざを使った会話をしながら、だいぼうけん!声に出して読んで楽しい、ことわざ絵本。

 

墨字の本 

『たんたんと』 山本 裕子 「びっくりも どきどきも 繰り返していけば やがて日常に。笑っていられる毎日に感謝。」本校卒業生から理療科に寄贈され、図書館にいただきました。手のひらサイズの詩と写真の本です。

 

デイジー  

『親子でわかる!科学おもしろQ&A NHK子ども科学電話相談ベストセレクション』 「動物にはなぜ毛が生えているの?」「時々、弟をいじめたくなってしまうのはどうして?」など子どもの質問・疑問に答えます。   

 

あったかくなる絵本 寒くてふるえそうなとき、あったか〜い何かが必要だ!というとき、こんな絵本はいかがですか?

『ごくらくももんちゃん』『わにわにのおふろ』『パンダ銭湯』 おふろの絵本3冊です。ももんちゃんがいいお湯に入ってほかほかになります。おふろ上がりはふかふかのタオルにくるまって「あーごくらくごくらく」。わにわにはおふろが大好きで、おふろでの遊びを満喫。パンダは銭湯で意外な秘密を明かします。思わず笑ってあったかくなる!?

『あぶくたった』 だんだん煮えていくお鍋のおしるこ。あたたかいゆげ。

『このゆきだるまだーれ?』 思い切り雪の中をころげまわって遊んだら、寒さもふきとぶ。体はあったまる。

『ばばばあちゃんのマフラー』 春夏秋…いろいろな季節を思い出したら、寒さはずっと続くわけじゃないって思えてくるかな。

 

図書館ひとこま  ソファの穴

 図書館のソファ、角のところがやぶれていた。ずっと気になっていたけど、ほうっておいたらなんだかちょっとづつ大きくなっていく。やわらかくて座り心地のいいソファだし、この部屋の何か所かにおそろいで置いてあるものだから、大事にしたいと思った。カバーをかける、ワッペンをつける…穴をふさぐ方法を考えた。穴の形は、のりもの、たべもの、アンパンマン…空に浮かぶ雲にも見えてきた。そんなわけでソファには、今何かがくっついています。なかなかうまくできたかな。でもまた小さい穴をひとつ見つけてしまった。誰かくっつけるもの作ってくれませんか?

 

2月号おわり

------------------------------------------------------------------------------

図 書 館 だ よ り ―1月号―

 

冬休みはいかがお過ごしでしたか? 新しい年は、どんなことをしますか?楽しみですね。今年もよろしくお願いします!

 

こんな本がはいっています。

点字の本 

『アミ・ドゥ・ブライユ Vol.8』 日本ライトハウス情報文化センター  今回の内容…ギネス世界記録、雪を学ぼう、ロシアってどんな国? 絵を描く人類の歩み、ふわとろスイーツ、働く先輩(これから仕事をしようという人達の相談やお手伝いをするお仕事をしている橋本晶弘さん)など。   

 

点/墨の本 藤沢市点訳奉仕会 指で読む絵本グループからの寄贈です。

『たねのりょこう』 アーマ・E.ウェバー  1冊目から続いて、たねが風

や動物、人間を利用して移動する様子がさわってわかります。わたげやひっつ

きむしのとげとげなど、形がおもしろいですよ。

 

タックペーパー付き絵本 平塚点訳赤十字奉仕団からの寄贈です。

『だるまさんが』『だるまさんの』『だるまさんと』 かがくい ひろし

だるまさんのユニークな姿に、思わず吹き出してしまいます。ハッピーな気分になる小さい絵本です。

 

墨字の本 1と17は図書部員のコメントつきです。

1.『筋診断法精義』 河野 忠男  専理2年 Tさんより 「まだ全部読んでいないけど、深遠な世界で、感動しています。」 デイジーもあります。

2.『経穴インパクト』 原田 晃  経穴の取り方をわかりやすく解説。

3.『はじめての鍼灸治療院 開業ベーシックマニュアル』 医道の日本社編集部  準備や手続き、経営の考え方について解説。

4.『その症状は天気のせいかもしれません』 福永 篤志  気象予報士の資格を持つ医師が、天気予報の情報を健康に役立てる方法について解説。

5.『点字・点訳基本入門』 当山 啓

6.『ソーシャルアート 障害のある人とアートで社会を変える』 たんぽぽの家 編  既成の概念をかえていく25のアートの実践を紹介。 

7.『知られざる色覚異常の真実』 市川 一夫

8.『パパ・ヴァイト』 インゲ・ドイチュクローン ベルリンにあった盲人作業所で働くユダヤ人をナチスから守った、盲目のオットー・ヴァイトの実話。

9.『新レインボー小学国語辞典 改訂第5版』 金田一 春彦 約37200語収録。すべての漢字にふりがなつき。

10.『10分で読めるスポーツで夢をあたえた人の伝記』 サッカー、野球、水泳、陸上…スポーツで人を感動させた20人の伝記。点字本もあります。

11.『ルイ・ブライユ』 小学館 学習まんが人物館。

12.『がたんごとん がたんごとん ざぶんざぶん』 安西 水丸

13.『かにこちゃん』 きしだ えりこ

14.『ぺんぎんたいそう』 齋藤 槙

15.『せんたくかあちゃん』 さとう わきこ

16.『あーそーぼ』 やぎゅう まちこ 

17.『つきをあらいに』 高木 さんご  中3 Yさんより 「おすすめは、お月さまをあらうところ。だえんのお池のところに、きつねがいっぱいいるところ。小5のとき母が買ってきてくれて、字が小さいところは絵を見ていたんです。」 

 

図書館ひとこま  なんとしても本を入れる!!

冬休み前のことです。休み中に読む本を探しに小学部のみなさんがやってきました。あれこれと本のタイトルから面白そうなものを選んでいます。ちょっと試しに読んでみたり、先生のおすすめに耳を傾けたりして、1冊また1冊と借りることにした本がカウンターに積まれていきます。決まった人から手続きをして、自分で本を入れる布製のかばんに入れていきます。最後にひときわ大きいかばんを作ったというKくんが「そんなに入るかい?」という周りの声を気にせず、どんどん本を入れていきました。「8冊用だけどもっと入る」いくらなんでも全部は無理じゃないかと思ったけれど、とうとう14冊入れました。すばらしい! のびしろのある、いいかばんですね! 大きくふくらんだかばんを持ってよろよろと帰っていく姿。ずっとおぼえていたいなぁ。

 

1月号おわり

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

図 書 館 だ よ り ―12月号―

 

試験も終わり、ほっと一息。冬休みに読む本を探してみませんか?

冬休み前貸し出しについて

今借りると、1月11日(水)まで借りられます。

また、本を借りていて、返却期限が切れている方は、本を返却するか、貸し出し延長の手続きをしてください。

こんな本がはいっています。

点字の本  点訳の会UZUより寄贈されました。

1.『ぞうをだいた女の子』 落合 恵子 アフリカぞうのテンボンが、めぐみちゃんと犬のバースに話してくれたこわくてやさしい物語。 

2.『クッキーたべたのだあれ?』 佐々木 田都子 このごろもりではいろんなものがなくなる。ミミーちゃんのやきたてクッキー、モッキーくんのあかいぼうし、タンくんのスプーン。さて、いたずらをするのはだれでしょう。

3.『リトル・ポーラ・ベア ラルスとおくびょううさぎ』 ハンス・デ・ビア  しろくまぼうやのラルスがすむほっきょくは、とてもしずかです。きこえてくるのは、かぜとなみのおとだけ。あるひラルスは、どこかでだれかがしくしくないているのをききました。

 

タックペーパー付き絵本

『ぺろ ぺろ ぺろ』 長 新太

 

墨字の本 4〜9 リクエストの本が入りました!

1.『おおきいトンとちいさいポン』 岩村 和朗

2.『ぶたたぬききつねねこ』 馬場 のぼる

3.『ごろりん ごろん ごろろろろ』 香山 美子 柿本 幸造

4.『つきを あらいに』 高木 さんご  黒井 健

5.『恋しくて』 村上 春樹 編著

6.『発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由』 栗原 類

7.『わが妄想』 モハメド・オマル・アブディン

8.『池上彰が聞いてわかった生命のしくみ』 池上 彰 岩ア 博史 田口 英樹

9.エリック・カールの絵本 『ホットケーキできあがり!』『パパ、お月さまとって!』『ごきげんななめのてんとうむし』

10.『温泉手帳』 松田 忠徳 デイジーもあります。

11.『点訳のしおり』 日本点字図書館

12.『ふたりはいつも』 アーノルド・ローベル 

 

デイジー  

1.『10分で読める伝記 1年生』『2年生』   

2.『点訳のしおり HD改訂』 日本点字図書館 

3.『音鉄』 片倉 佳史

4.『この温泉で10年寿命が延びる!』 野口 冬人

5.『聖の青春』 大崎 善生

6.『ふたりはともだち ふたりはいっしょ ふたりはいつも ふたりはきょうも』 アーノルド・ローベル  がまくんとかえるくんのあたたかな友情が描かれたお話。4冊の本が1枚に入っています。平塚赤十字音訳奉仕団制作。

 

DVD

『盲ろう者ってどんな人?』  神奈川盲ろう者ゆりの会

 

図書館ひとこま  読みたい本があるときは…

みなさんは読みたい本がある時どうしていますか? 本屋さんで買ったり取り寄せてもらったりする? 図書館で借りる? サピエ会員になっている人はダウンロードして聴く? いろいろな方法がありますね。学校の図書館も次のように利用できることをご存じですか? 幸運にもその本が所蔵されているとき→借りられます! 残念ながら所蔵されていないとき→新しく購入してもらえる、他の図書館から取り寄せてもらえる、サピエを利用しダウンロードしてもらえる、点訳音訳ボランティアさんに制作を依頼できる、など。くわしくは司書にお尋ねください。みなさんのリクエストをお待ちしています!

 

12月号おわり

------------------------------------------------------------------------------

図 書 館 だ よ り ―11月号―

 

体育祭や模試が終わってほっと一息。秋も深まってきます。体にもこころにもおいしいものをたくさんいただきたいですね!

 

こんな本がはいっています。

点字の本 

1.『アミ・ドゥ・ブライユ Vol.7』 日本ライトハウス情報文化センターから届く児童向け雑誌です。発刊1周年です! 内容…何これ?(人気ロボット!ペッパーが家族に!?)、雑学サイエンス(脳と記憶の秘密、走るのが速くなる)、ときめきトピックス(秋のキャラクター最新情報、おしゃれな子が持ってるかばんの中身)、おもしろ歴学(石田三成)、本の紹介『ルドルフとイッパイアッテナ』『盲導犬になれなかったスキッパー』など。  

2.『モモ』 エンデ 1巻がなかったので補充しました。   

 

指で読む絵本

『たねのりょこう』 アーマ・E.ウェバー  植物も動物のように旅をすることがあるって、知っていますか? たねが土の上や水の中、海や空を移動するのです。そんな植物やたねが、さわれるように工夫して作られ、貼られています。文章は点字と墨字で書かれています。藤沢市点訳奉仕会 指で読む絵本グループのみなさんが作ってくださいました。この本にはまだつづきがあり、現在制作中だそうです。図書館にはさわって読める植物の本がなかったので、とてもうれしいです。ぜひ、読んでみてください。

 

墨字の本 

1.『はっきよい畑場所』 かがくい ひろし  おおずもう畑場所の千秋楽。はっきよ〜い、のこった、のこった!野菜たちのたたかいがはじまります…。

2.『臨床に役立つ生体の観察 第2版』 星野 一正

3.『夢をかなえる挑壁思考』 毛利 公一 頸髄損傷で、動くのは首から上だけという著者の、挑戦人生をまとめた本。

.『5回で折れる!遊べる折り紙』 築地制作所 おりがみが大好きな中学部のYさんが、小さい頃に使っていた本を寄贈してくれました。ずれちゃってもかわいく仕上がるかんたん折り紙がたくさん載っています!

5.『きつねやまのよめいり』 若山 憲

6.『こびとのピコ』 寺村 輝夫

 

デイジー  

1.恒川光太郎の短編集4作品。『金色の獣、彼方に向かう』『南の子供が夜いくところ』『竜が最後に帰る場所』『私はフーイー』  

2.『まるまれアルマジロ!』『天のシーソー』 安東 みきえ  

3.『徹底攻略 国家試験過去問題集 第24回抜粋』 あん摩マッサージ師用、 

はり師きゅう師用 

4.『筋診断法精義』 河野 忠男

5.『温泉手帳』 松田 忠徳  温泉研究の第一人者による温泉ガイド。効能、歴史、建築、湯治、作法、料理から文学・土産ものまで温泉の魅力がいっぱいです。

 

図書館ひとこま  国語辞書のその後

先月新しい国語辞書が入ったことをお知らせしましたが、今回はその後の反応や利用についてお伝えしようと思います。辞書は全55巻、カウンターから見て正面の書棚にあります。今までカセットテープの入ったケースがずらりと並んでいた棚です。並べかえてすぐ、見学に来た近隣の小学生たちが「あっ、辞書がある!」「おーいこっちに国語辞典があるぞ〜!」と大発見したかのように言っていたのが、おかしかったです。なぜでしょうね。55巻を前にしてみるとなかなかの存在感だからかな? そしてそれを体感したのはきっと、中1と中2のみなさんでしょう。授業で言葉の意味調べに来ました。調べたい言葉がどの巻に載っているかをまず探さなくてはならないのですから、言葉の海にこぎだすようなものですね。その中から「めんくらう」「まごつく」「みやげ」「ばせい」「おろそか」などの言葉に無事にたどりついたときは、近くにいた私もほっとしました。残念ながらKさんが調べていた「ばせい」は載っていなくて、かわりに「ぱせり」を読むことになったのも楽しい展開でした。

 

11月号おわり

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

図 書 館 だ よ り ―10月号―

 

過ごしやすい季節になりましたね。行事の多い10月ですが、すきまの時間に本を開いてみるのも楽しいものです。今月は、図書委員会で希望図書を募ります。読んでみたい本がある方は、ぜひ希望を出してくださいね。

こんな本がはいっています。

点字の本 

1.『アミ・ドゥ・ブライユ Vol.6』 海のいきものたち、イギリスがEU離脱へ、ユダヤ人救った「命のビザ」功績たたえ「杉原通り」(杉原千畝さんの名前をつけたストリート)、おもしろ歴学 伊達政宗、などの記事が載っています。また「働く先輩」では、本校(小学部)卒業生で、パラリンピックアテネ大会、ロンドン大会で活躍した、秋山りなさんが紹介されています。小学生の頃のこと、水泳の壁にぶつかったときのこと、現在の仕事のこと、読者へのメッセージなど約6ページにわたってインタビューに答えています。  

2.『ヒットソング30』 NPO法人 藤枝光文庫より寄贈されました。

 1940年代から2010年代にヒットした歌、ポップスから演歌まで30曲の歌詞が載っています。

3.『手のひらサイズ英語点字略字ブック』 光の家栄光園 196にも上る略字をアルファベット順にまとめたもの。フルスペリングと英語点字略字とを照らし合わせる辞書のように使えます。 

 

大阪YWCA子ども図書室から借りています

『うそつきロボット』『若おかみは小学生』『リサとガスパールのデザートブック』『小学生日記』『闇の守り人』『夢の守り人』

『はるかなるアフガニスタン』 アメリカの少女が、学校の課題でアフガニスタンの少女に手紙を送り、文通が始まります。しかし、アフガニスタンからの手紙は、途中から英語の得意な少年がかわりに書くようになり…。距離も文化も遠く離れた国に、心の通う友達ができたら、何かが変わるのかもしれません。

墨字の本 

1.『うさこちゃんとたれみみくん』 ディック・ブルーナー

2.『ろってちゃん』 ディック・ブルーナー

3.『おしくら・まんじゅう』 かがくい ひろし

4.『なでなでももんちゃん』 とよた かずひこ

5.『とうふさんがね・・』 とよた かずひこ

6.『おへそのあな』 長谷川 義史

7.『すすめ!きゅうじょたい』 竹下 文子

8.『日本のすがた2016』

9.『現代用語の基礎知識 学習版2017』

10.『徒手検査インパクト』 原田 晃

11.『図解 福祉の法律と手続きがわかる事典』 若林 美佳 デイジーもあります。

12.『あの空に出会えて』『消えない空』 向山 裕子 著者は視覚に障害がある方です。詩集2冊を寄贈してくださいました。

13.『決定版!特別支援教育のためのタブレット活用』 金森 克浩

 

図書館ひとこま  国語辞典のこと

以前から、小学部の教室には、国語辞書が備えてありましたが、図書館にも置いてほしい!と先生から依頼があり、平塚点訳赤十字奉仕団に約半年かけて印刷・製本をしていただきました。なんと全55巻あります。図書館では、届いた辞書から順番に、何の字で始まる言葉が載っているかわかるように表示をつけていったのですが、この作業がとても楽しかったのです。というのは、この辞書には言葉の意味だけでなく、例文も載っているので、とてもわかりやすく、ついつい読んでみたくなるからです。例えば、36巻に表示をつけようと、この巻の一番最後に載っている言葉を探していたら、「とんま」…言うことやすることが、間が抜けていること。(あいつはとんまなことばかりする。)と書いてありました。「失敗が続いたときのわたしのことだよなあ…」と思いつつ、次に載っている言葉に進むと「ドンマイ」…気にするな。心配するな。と書いてあるではありませんか。ちょっとびっくりしました。

点字を使う生徒のみなさん、この辞書を、たくさん使って言葉の世界を楽しんでくださいね!

 ちなみに、「とんま」の次に「ドンマイ」が並んでいる辞書は、図書館にある辞書(墨字)の中で、8冊中1冊だけでした!

 

10月号おわり

 

Copyright (C) -2012 Hiratsuka School for the Visually Impaired. All Rights Reserved

 

 

ページトップへ